ママ友のランチが高い場合には借り入れを検討してみる

子供もつ親はいろいろな苦労があります。その内の一つがママ友と呼ばれるものです。隣人や地域の人とコミュニケーションを測っていたほうが子育てに役立つケースが多いです。コミュニケーションの場として設けられるのがママ友のランチと呼ばれるものです。同じ地域のママ友が集まって食事をしたり、話をすることでコミュニケーションを図っていくのです。地域や属するグループによってランチをする場所は異なるでしょう。まわりのママ友が裕福な家庭の場合には、ランチの金額が高いところで食事をする回数も増えていくでしょう。裕福ではない家庭の場合には、食事代が高いと家計を圧迫する恐れがあります。グループを続けるために借り入れを検討するケースもあります。専業主婦やパートであっても借り入れをすることはできるので、一度は検討してみるといいです。家族に内緒で借り入れができるのも魅力の一つです。家族にバレたくない場合には、郵送物が自宅に届かないようにしましょう。主婦でもお金を借りれるコツはノウハウがたくさん書かれたサイトを参考にしてみてくださいね。【参考サイト】専業主婦でも借りれるキャッシング【専業主婦お金借りる委員会】

主婦の人がブランド物を買い過ぎた場合に起こること

ブランド物が好きな主婦がいますが、中には買い過ぎてしまって借金をしてまで購入する人がいます。ブランド物は高額なので、購入するのには大変なのですが、周りからも羨ましい目で見られるために一種のステータスになります。ブランド物に依存してしまうためで、たくさんの物を購入することで快感を得られるのです。一度購入すると止まらなくなってしまって、次から次へと購入してしまう人が出てきます。パートで働いたものだけで購入するのは良いですが、徐々にエスカレートしていって借金をしてしまう人もいます。主婦の場合には配偶者名義で借金をすることも可能で、周りに知られずに借りることもできます。いつまでも買い続けることは不可能で、いつかは破綻してしまいます。ブランド物の依存症を抑えるためには周りからのストレスを抑えて、周りに相談をして主婦としての金銭感覚を身につけることが大切です。そのためにはお金を使うための現金やカードを管理させないことや、ブランド物から遠ざけることも重要です。

バーゲンセールで主婦の底力を見せよう

一家の家計を預かる主婦としてはバーゲンセールは絶対に外すことは出来ません。1割2割は当たり前、上手くいけば半額以上の割引だって十分にあり得るからです。自分が欲しかった服や靴、あるは夫や子供の為の服、靴、鞄などの雑貨を揃えるにあたって利用しない手はありません。しかし、同じように安く良い物を買い揃えようという主婦はごまんといるわけですから、そう簡単に手に入れることは出来ないでしょう。そこで狙い目になるのが、シーズン前のバーゲンになります。夏に着るようなものを夏前に購入することで安く手に入れるだけでなく品揃えが豊富な状態でライバルの少ない内に入手できるようになります。あるいは、流行などを気にしないのであればシーズンが終わった後、残ったものを安売りするなバーゲンセールを狙うのもいいでしょう。夏が終わった後の売れ残った半袖シャツやタンクトップなどを来年の夏の為に購入しておくのです。バーゲンセールこそ主婦の底力の見せどころ、あらゆる方法で安く賢く買いましょう。

このページの先頭へ